感謝の絶対量を増やす!

突然ですが質問です!

あなたは1日にどのくらい感謝していますか?

人に対しての感謝はもちろんのこと(自分に対する感謝も含めても構いません。)、
モノや出来事に対しての感謝も含めてです。

なぜこんなことを質問するかというと、
先日瞑想をしている時に浮かんできた言葉が
「感謝の絶対量を増やす。」
ということだったのです。

感謝の絶対量?
絶対量って何?と思い、
「絶対量」を調べてみると、

絶対量 … 最初からある量、それ自体の量、どうしても必要な量
となっていました。(コトバンクより)

絶対量ですから平均値ではありません。

最低、少なくともということで、1日の最低感謝回数と考え、
「あなたは毎日最低何回感謝していますか?」ということになります。

するとどうでしょう?
私の場合朝起きて神棚、仏壇に向かって~時々寝坊してしない時も…、
食事のとき(でも忘れていることもあるな~)、
人に何かしてもらった時(でも毎日ではないな~)

意外と少ないのです。
これを更にルーティーンなもの、形式的に言っている感謝ではなく、
一歩深めて、心からのありがとうの気持ちを込めてのものとなると…、
更に少なくなり、
絶対量ゼロという人もいるのではないでしょうか???

一方世の中を斜めに見て(構えて)、不平・不満を言ったり、
何かの批判をしていることを考えてみると、
こちらの1日の絶対量は10以上あります!
なんて言う人も意外と多いように思え…、

意外と自分で冷たい人間なのかな???
昔の自分って相当ひどかったのだな~なんて思え、
寒気を感じたりもしてしまいます。

話は少し変わりますが、
先日友人にユーモアを身につけるためのアドバイスをもらったのですが、彼の答えは次の3つでした。
・寅さん「男はつらいよ」を全巻みること
・落語を聞くこと
・レジで必ず「ありがとう」ということ

1つ目の寅さんは現在6本見ましたが、いつも大笑いしていますし、
ついついあの口調が出てきて、猫のお尻は糞だらけ…なんて言ったりしています。

全48巻みるとホントに寅さんになりそうです。

2つ目の落語を聞くはまだ実行できていないのですが、TV番組で見る、
今ならYouTubeで見て、いずれ寄席を見に行ければと思います。

そして3つ目のレジで「ありがとう」を言うですが、
ものを買って、お金を支払う立場なのに???
と一瞬思うかもしれません。

私もこれまで去り際に「ハイ、どうも~」ということはあったのですが、
「ありがとう」までは言っていませんでした。

それでも素直にアドバイス通りに従いお釣りとレシートをもらった際に
「はい、どうも ありがとう」といってから去るようにしました。

すると以外に気持ちがいいのです。

最初はちょっと照れ臭くもありますが、心がスッキリし、ポジティブになれるのです。

今では相手の対応してくれた行為に対して(声に出して)「ありがとう」というだけでなく、
お金を支払う際に(声に出さずに)
「お金ちゃん、ありがとう。大きくなって戻ってきてね。」
というようにし、
一石二鳥の効果を得られるようにしています。

まあ時に「ありがとう」といいたくないなと思える人もいたりはしますけど…。

こうして元々はユーモアを身につけるアドバイスだったものが、
「ありがとう」の感謝を増やすことにもつながった次第です。

さて、現在心理学や脳科学分野等の研究が発展して、「意識」についての研究もどんどん進んでいます。

そこでよく言われるようになっているのが
「意識が現実を創り出している。」
ということです。

そしてネガティブであるよりもポジティブである方がよいといわれるようになっています。

ネガティブ感情から体に良くない化学物質が生成され、
病気にもなります。鬱にもなってしまいます。

ポジティブな考え方、そしてポジティブな心でいられることが大切であり、
幸せとは「心のあり方次第」なのです。

結局昔から言われていたことなのです。

ということで、幸せな心をつくるためには、自分の中で感謝できることを増やしていくことが必要です。

まずはどのようなことでも構わないので感謝することを心がけましょう。

大きいことを探す必要はありません。

ほんの些細な小さなことでいいのです。

そして最初は心がこもっていなくても構いません。

それはある意味感じ入るまでは難しいことです。

ともかく1日の感謝の数を増やす。

それを心がけてください。

感謝の絶対量を増やしていけば、
あなたが幸せに近づくだけでなく、あなたの世界が拡がっていきます。

そして世界も幸せになっていくのです。

さあ、今日から感謝の絶対量を増やしていきましょう!

読んでいただいたみなさまに感謝です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする