大峠を乗り越える

先日日月神示の一部を転載しましたが、その続きです。

第十一巻松の巻

大一帖(二九二)
富士は晴れたり世界晴れ。三千世界一度に晴れるのざぞ。世の元の一粒種の世になったぞ。松の御代となったぞ。世界中揺すりて眼覚すぞ。三千年の昔に返すぞ。煎り豆花咲くぞ。上下ひっくり返るぞ。水も洩らさん仕組みぞ。六月十八日、アメのひつ九か三。

第八帖(二九九)
神の国には昔から神の民より住めんのであるぞ、幽界身魂は幽界行き。一寸の住むお土も神国にはないのぞ。渡れん者が渡りて穢してしもうているぞ。日本の人民、大和魂どこにあるのぞ、大和魂とは⦿と人と融け合った姿ぞ。
(中略)
今度の立て替えは、この世初まってないことであるから、戦ばかりで立て替え出来んぞ。世界の隅々まで掃除するのであるから、どの家もどの家も、身魂も身魂も、隅々まで生き神が改めるのざから、辛い人民沢山に出来るぞ。ミタマの神がいくら我張っても、人民にうつっても、今度は何も出来はせんぞ。世の元からの生神でないことには出来ないのであるぞ。それで素直に言うことを聞けとくどう申すのぞ。今度は神の道もさっぱりと造り替えるのざぞ。獣の道も造り替えぞ。(以下略)

第十六帖(三〇七)
火と水と組み組て地が出来たのであるぞ、土の饅頭の上に初めに生えたのが松であったぞ。松は元の木ざぞ、松植えよ、松供えよ、松神籠とせよ、松玉串とせよ、松食せよ、いつも変わらん松心となりて下されよ。松からいろいろな物生み出されたのぞ、松の国と申してあろがな。七月の一日、アメのひつ九のか三。
 

第十三巻雨の巻

第十四帖(三四八)
(略)
⦿は天からも地からも日も夜もコトで知らしているのに、コト聞く身魂ないから、コト聞くミミ曇っているから、人民には分からんなれど、あまりわからんでは通らんぞ、早う洗濯掃除せよと申しているのぞ。人の十倍も仕事して、そのうえで⦿の御用するのが洗濯ぞ、掃除ぞと申して知らしたこと忘れたか、地に足つけよと申したことわからんのか、百姓になれ、大工になれと申したことわからんのか、天の地もあるぞ、天の百姓、大工もあるのざぞ。善と悪と小さく臣民分けるからわからんのざぞ、大きく目をひらけよ。松食せよ、松食せばわからん病治るのぢゃぞ、松心となれよ、いつも変わらん松の翠の松心、松の御国の御民幸あれ。十二月十八日、ひつ九のか三。

と、日月神示には松を食べるように書かれているのです。

KoneviによるPixabayからの画像

ジュディ・マイコビッツ博士というウイルスの権威者がいます。数々の疑惑を持たれたようですが、彼女の正義と正しさがまもなく証明されるのではないかと思います。(詳しくは「プランデミック」というドキュメンタリー映画がありますのでそちらを見てください。)

このジュディ・マイコビッツ博士が今回のワクチンのデトックスとして「スラミン」という薬を紹介しているそうです。スラミンはアフリカ睡眠病に対する薬なのですが、松の葉から抽出される成分だそうです。スラミンの作用は、血液凝固カスケードの抑制作用と、RNAとDNAの複製/修飾を抑制する作用だそうです。

コロナ(あるいはコロナワクチン)の症状として、脳梗塞、心臓発作、肺血栓、月経周期異常などがあげられていますが、これらはすべて、血栓症が根本にあるそうです。そのためもしこの血栓異常をしっかりストップすることができれば、コロナワクチンの被害も相当部分、食い止めることができるのではないかということです。(ただし松の葉抽出物がコロナに効くかどうか、実際の論文は恐らくないとのこと。)(中村 篤史/ナカムラクリニック noteより)

そこでネットで松の葉の主な効能を調べてみました。

松の葉の効能
・浄血作用、増血作用 ・抗酸化作用 ・コレステロール値低下作用 ・リラックス作用
●血圧をコントロール
松の葉の代表的な効果の一つ。 松葉に含まれるクロロフィルやケルセチンには、血液をきれいにし、 血管を強くする作用があります。 そのため、血圧を正常に保ちやすくし、 脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化など、血管に問題があると発生する 可能性が高い病気の予防に効果的であるとされます。
また、認知症・リウマチ・冷え性・神経痛・ガンなどの予防・改善につながる 効果があると言われています。
KAWASHIMAYA Well Being より)

確かに松の葉には血液の浄化作用があるようです。

Free-PhotosによるPixabayからの画像

果たして日月神示がいう「わからん病」とは今回の新型コロナウイルスのことなのでしょうか?ちなみに日月神示では磐戸の巻第十六帖(二五二)の最後に「子の年真中にして前後十年が正念場、世の立て替えは水と火とざぞ。」とあります。昨年(2020年、令和2年)は子年でした。そしてまさに昨年1月から新型コロナウイルスが騒がれ始めだしました。

これは偶然の一致なのでしょうか。やはり日月神示はこの事態を見越した点からの啓示なのでしょうか?

松の葉試してみる価値があると思いませんか。

けれどももしそれで助かったとしても神示からするとこの大峠は2025年(令和6年)まで正念場が続くこととなります。そして日月神示では心を、意識を、変えなければならないこと(身魂磨き)が繰り返し繰り返し説かれています。例え松葉で助かったとしても、その次起こることでどうなるか分かりません。

この混乱の時代を乗り越えるためには、今こそ心を入れ替えなければならないのではないでしょうか。

Free-PhotosによるPixabayからの画像


  


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする